About the Project 本プロジェクトについて

本プロジェクトでは、量子論に基づいて物質の性質を解明・予測する物質計算アプリケーションの開発・高度化により、スーパーコンピュータ「富岳」上での先端的High Performance Computing (HPC)を実行し、とくに持続する社会を支える省エネルギー次世代半導体デバイス界面、薄膜成長表面の科学的性質を明らかにすることが第一の目的です。さらに物質計算アプリケーションと統合された量子論デバイスシミュレ―タにより、それら省エネルギー半導体を用いたパワーデバイス、ナノデバイスの特性を予測し、実験で得られた特性との比較検討により、高性能デバイスデザインの開発に寄与することが第二の目標です。さらに上記物質計算データと成長実験データとを同化し、プロセス・インフォーマティクスのアプローチにより、量子論エピタキシャル成長マルチシミュレーション技術の開発を行い、薄膜成長技術の進展に資することを目指します。コンピューティクス(計算科学)と実験科学のface-to-faceの共同により、新たなものづくりのパラダイム創出を目指します。

プロジェクト概要へ

News & Topics ニュース&トピックス

2021年1月19日~21日
International Symposium on Wide Gap Semiconductor Growth, Process and Device Simulation 2021 (ISWGPDS 2021) をオンラインで開催しました。96名(日本国内83名、海外13名)の参加のもとに活発な議論が行われました。詳細はこちら をご参照ください。
2020年9月11日
ウェブサイトを公開いたしました。
2020年4月
本プロジェクト「省エネルギー次世代半導体デバイス開発のための量子論マルチシミュレーション」が「スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラム」に採択されました。

ニュース&トピックス一覧へ

MENU