2021年12月8日(水)、9日(木) オンラインワークショップ(Zoom ミーティング)

ワークショップへのご参加は、下記のURLから、あるいは右のQRコードより、12月6日(月)までにお申し込みください。
https://forms.gle/bPyX5vWbXEFpEiJN9

12月8日(水)

09:20 はじめに(押山)
09:30 - 11:30
11:30 - 12:50 ランチ
12:50 - 14:50
  • 【座長:館山 佳尚】
    環境適合型機能性化学品(代表 松林 伸幸)
  • 松林 伸幸(大阪大学):ポリマー系における溶解、吸着、相溶性の全原子解析 20分
  • 尾形 修司(名古屋工業大学):水分侵入による無機・有機界面でのプロトン移動と接着耐久性の低下 20分
  • 藤本 和士(名古屋大学):高分子材料の破壊とタフネス化の分子論 20分
  • 泰岡 顕治(慶應義塾大学):MD-GANを用いた分子動力学シミュレーションの拡散予測 20分
  Break
15:00 - 17:00
  • 【座長:今田 正俊】
    省エネルギー次世代半導体デバイス開発のための量子論マルチシミュレーション(代表 押山 淳)
  • 押山 淳(名古屋大学):課題の概要+ニューラルネットワークによるOFDFT開発 20分
  • 白石 賢二(名古屋大学):GaN気相成長のミクロスコピックな過程の解明 15分
  • 寒川 義裕(九州大学):GaN気相成長におけるデジタルツインの開発 10分
  • 岩田 潤一(Quemix)、立木 馨大(京都大学)、松下 雄一郎(Quemi、東工大): RSDFTの最近の展開と高品質SiC-MOS界面の実現 10分
  • 小野 倫也(神戸大学):SiC/SiO2界面の原子構造解析:アニール後界面を中心に 15分
  • 森 伸也(大阪大学):省エネルギーデバイスのシミュレーション 15分

12月9日(木)

09:30 - 11:30
11:30 - 12:50 ランチ
12:50 - 13:20
  • 【座長:押山 淳】
    「富岳」を活用した革新的光エネルギー変換材料の実現(代表 中嶋 隆人)
  • 中嶋 隆人(理研):「富岳」光エネルギー変換材料課題の概要紹介
13:20 - 13:50
  • 【座長:押山 淳】
    データ駆動型高分子材料研究を変革するデータ基盤創出(代表 吉田 亮)
  • 吉田 亮(統計数理研究所):データ駆動型高分子材料研究を変革するデータ基盤創出
  Break
14:00 - 14:40
  • 【座長:押山 淳】
    招待講演:朴 泰祐(筑波大学) 富岳を含むHPCI資源を用いた計算科学に対する期待
14:50 - 16:50
  • 【座長:松林 伸幸】
    大規模計算とデータ駆動手法による高性能永久磁石の開発(代表 三宅 隆)
  • 三宅 隆(産総研):磁石課題の概要 20分
  • 合田 義弘(東工大):磁性材料における有限温度磁性、相平衡、異相界面の電子論 20分
  • 福島 鉄也(東大物性研):富岳を用いた磁性材料の探索とデータ解析 20分
  • 石河 孝洋(NIMS):進化的アルゴリズムによる新規磁石化合物の探索 20分
16:50 - 17:50
  • 【座長:今田 正俊】
    物質材料系課題のこれから(ディスカッション)
MENU